毎日のスキンケアでUVケア

日焼け止めを塗る2つの目的

 

紫外線をカットする日焼け止め(サンスクリーン剤)。かつては、日焼け(サンバー
ン)によるほてりやヒリヒリ感の予防を目的としていましたが、最近では光老化――紫
外線によってシミやシワなどができる現象――や皮膚ガンを予防することのほうが重視
されています。

 

日焼け止めには紫外線カットの基準が2つあります。SPFとPAです。

 

SPFとは、日焼けの主な原因となる∪VIB (中波長紫外線)に対するカット効果
を示すもので、最高が50です。数値1は「20分効果が持続すること」を表していて、数
値が大きくなねばなるほど持続効果が高くなります。たとえばSPF 20でぁれば、

 

20(数値) × 20(分)で、効果が400分間続くということになります。

 

一方、PAとは皮膚ガンの原因とされる∪VIA (長波長紫外線)に対するカット効
果を示す基準で、日本独特のものです。+、++、+++の3段階あり、+の数が多い
ほど効果が高くなります。最近、∪V‐Aは∪VIBの作用を助長し、日焼けを促進す
るはたらきがあることが知らねるようになったことから、∪VIAカツトの重要性がよ
り強調されるようになりました。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

 

日焼け止めに含まれる紫外線カット効果を持つ成分を、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤
と呼んでいます。

 

紫外線吸収剤は、紫外線をカットする効果が非常に高いものの、有機溶剤を含んでい
るという問題があります。有機溶剤とは、水に溶けない材料を溶かす物質のことで、皮
膚に吸収されると、接触皮膚炎を起こすおそれがあります。最近は、PABA (パラア
ミノ安息酸)のように接触皮膚炎を起こす頻度の高い物質は用いられなくなっています

 

が、パラゾールやオキシベンゼンといった物質でも頻度が低いものの、接触皮膚炎を起
こすことがあります。

 

これに対し、紫外線散乱剤は紫外線を散乱させる酸化チタンなどの微粒子を主成分と
し、文字どおり物理的に紫外線をカットするタイプの日焼け止めです。有機溶剤を使っ

 

ていないので接触皮膚炎を起こす危険性は少なく、肌そのものへの刺激や負担は少ない
のですが、メインが微粒子なので、塗ったときに少し粉っぱく、自浮きしてしまうとい
うデメリットがあります。

 

ちなみに、「ノンケミカル」という表示がある日焼け止めには、紫外線吸収剤が含ま
れず、紫外線散乱剤だけが入っています。決して天然成分だけで作られているという意
味ではないので、誤解のないように。

 

肌荒れがひどい方やアトピー性皮膚炎の方は、皮膚への安全性を考え、ノンケミカル
のものを使いましよう。そういつた問題が起こっていない方も、SPF40以上は紫外線
吸収剤が使われている可能性が高いため、メイクの下地にするなどの日常の使用は避け、

 

屋外でのスポーツやレジャーなど、アウトドアユースだけにしたほうが無難です。
ところで、最近になって、有機溶剤ではない天然の紫外線吸収剤が注目され始めまし
た。そねがシルクパウダーです。

 

シルクパウダーとは名前のとおり、絹の繊維からできた粒子で、成分のひとつフィブ
ロインには、高いSPF効果のほかに、保湿効果や抗酸化作用があることが明らかにな
っています。天然の成分で紫外線吸収剤と同じようなはたらきがあつて、しかも保湿効
果や抗酸化作用を持つものは、今のところシルクパウダーのほかにはありません。

 

シペラスウイッグ通販